湘南 藤沢〜辻堂 アニマルコミュニケーションなら          R134STUDIO (アール イチサンヨン スタジオ) へ

誰もが持っているテレパシー能力を開発することで直接ペットの気持ちを読み取ることをいいます。リーディングは既に虹の橋をわたったコでも出来ます。

動物達と話ができるなんて、素敵なことだと思いませんか?

 

「動物たちが何を言っているのか知りたい。」

「動物ともっと深い繋がりを築きたい。」

「問題行動や健康上の問題について、動物と話したい。」

 

こんなふうに思っていたら、アニマルコミュニケーションしてみませんか?

テレパシー、認識、直観、共感・・・このような言葉はすべてアニマルコミュニケーションに深く関係のある言葉です。 誰しも、電話が鳴る前に誰が電話してきたのかわかった、何か変な感じがして、今家に電話しなくてはと直観的に思った、といったことがあると思いますが、これと少し似ています。 

 

アニマルコミュニケーションは、特殊な能力が必要なわけではありません。

誰にでも習得することができるものです。


動物との絆が深まり家族の一員と思う人が増えた中、多くの方が動物をとても大事に思う人たちです。ですが、そんな人たちでさえ、アニマルコミュ二ケーションの話をすると、半信半疑の方がほとんどです

アニマルコミュ二ケーションは、霊感や超能力とは一切関係ありません誰もが持っている透視能力(テレパシー)を、動物に向かって働かせるだけなのです

テレパシーのアンテナを立ち上げ、動物が出す波動のチャンネルに合わせる。

残念ながら、現代では多くの人がチャンネルの合わせ方を忘れてしまっています

便利な世の中で使われなくなってしまった能力の一つだといってよいでしょう。

練習すれば、誰でもチャンネルを合わせようとしなくても、オートマチック車みたいに切り替わります。アニマルコミュ二ケーションは、本当にシンプルなものなのです。

 

動物を愛する多くの人が、動物たちが悲しみ、喜び、楽しみ、仲間を求め、孤独を感じていることを知っています。その人たちが、まず、「動物にここまでわかるはずがない」という気持ちを持たず、アニマルコミュ二ケーションを実感していただきたいと思います。

全ての生き物が、いついかなる時も、公平で尊厳に満ちた処遇を受けることができる!
そんな未来に向かって、私はアニマルコミュ二ケーションを役立てたいと思っています

 

もし、今、ご自宅で飼っていらっしゃる子の気持ちが知りたい〜こんなことを聞いてみたい!コミュニケーションできたら・・と思っていらっしゃったら、どうぞ、お気軽にお声がけください。 

 

 

Copyright (C) 2014  R134Studio All Rights Reserved.